FC2ブログ

Entries

2018.06.19№160

高速道路のワイヤーロープ設置本格化

国土交通省は15日、高規格幹線道路の正面衝突事故防止に向けて、暫定二車線区間におけるワイヤーロープの設置を本格化することを発表した。
ワイヤーロープは、▽高い衝撃緩和性能、▽狭い幅での設置が可能、▽人力で容易に開口部を設置できる、-などの特徴があり、高速道路の正面衝突事故防止の効果が認められている。設置予定箇所は、暫定二車線区間のうち、四車線化や付加車線の実施箇所を除いた土木区間。新設区間では標準設置とするほか、供用済み区間では概ね5年の設置を目指す。また高速道路会社管理区間は概ね3年の設置を目指すとした。
高規格幹線道路の暫定二車線区間は約4370km。このうち、ワイヤーロープ設置可能な土木区間は約1500kmとなる。今後は、路線ごと具体的な設置内容について関係機関が協議する。また中小橋については、ワイヤーロープの試行設置箇所の拡大など実用化に向けた取組を推進。長大橋・トンネル区間については、公募選定技術の性能検証が進められている。
                                            通運情報 6.19

※昨年から政策要請を行っているもののひとつであることから、早期の設置完了を望みたい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://jfttrack.blog.fc2.com/tb.php/167-d594fe5b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する